土地や住宅の購入は「人生で一番高い買い物」であるとも言われます。自分たちが想像していたものとは違っていた!?などという理由で購入し直すことは、ほぼ不可能ですよね。ですので、我が家の場合も検討に検討を重ねた上で、購入を決めました。

長い期間、生活するのに適した土地…と考えると、一般的には、間口が広く、南向きで、キチンと整形されていて、接道が広い角地!となるのではないでしょうか。ですが、このような土地は人気が高く、値段も高めの設定です。

我が家は土地の購入に対し、際限なく資金を投入できるわけではなかったため、まずは資金の上限額を設定しました。その金額内で、生活しやすい土地を探し始めました。

交通の便が良く、駅にも近い都市部というのは割高です。我が家は駅からは少し離れた郊外の土地を選びました。郊外であれば、我が家の資金内でも、理想に近いやや広めの土地が購入できることが分かったからです。収益物件としてのメリットもあるように思いました。

ただ、郊外というのは、交通の便も悪いですし、大きな病院や大型スーパーも遠いです。それなりにデメリットもあります。