不動産投資は入居者がいれば、たいてい利益を確保できるものです。もちろん、入居者がきちんと家賃を払えばの話ですが、通常、きちんとした人であればその点は大丈夫でしょう。逆に言えば、不動産投資の大きなリスクは入居者がいない、いわゆる空室になるリスクと言えます。いくら安い物件であっても、入居者がいなければ収益はゼロです。しかも、固定資産税や修繕積立、管理費などがあれば、逆にマイナスになってしまいます。ですから、購入時点で入居者がきちんとつくかどうかを見極める必要があります。そのためには、周りの賃貸住宅の状況を調査しましょう。空室が多かったりする場所は要注意です。特に地方での不動産投資にはそうした危険性がつきまといます。今後は少子化が進み、人口の減少が予想されています。だからこそ、物件選びは慎重に行う必要があります。私は梅田で実質利回りの良い投資物件を購入しました。地域によって人口が少なくなる場所もあれば、増える場所もあれば、増える場所もあります。それらを調べるのがポイントです。